MCCとFJSK、小売店向け基幹業務システム「現場主義」をSaaS化

ZDNet Japan Staff

2010-07-30 20:02

 松山電子計算センター(MCC)と富士通四国システムズ(FJSK)は8月30日、MCCが所有する専門店統合ソリューション「現場主義」を、FJSKが所有するデータセンター(富士通四国システムセンター)のクラウド基盤を活用し、SaaSとして提供することで合意したと発表した。サービス開始は9月1日を予定している。

 現場主義は、小売店向けの基幹システムとして、予算管理、発注仕入管理、在庫管理、売上管理、顧客管理などの機能を提供するシステム。直営店舗の商品管理、ネットショップや店舗在庫のリアルタイム管理を実現するという。

 現場主義はこれまで、ユーザー先にシステムを導入する形態、およびMCC社内にサーバを設置しアプリケーションを提供する形態で提供しており、7月現在で280社の導入実績があるという。今回、富士通四国システムセンターのクラウド基盤を活用し、SaaSとして提供することで、PC1台からの利用が可能となり、より低コストで導入できるようになるという。また、業務量の拡大や利用ユーザー数の増加にも柔軟に対応できるほか、顧客管理、ネットショップなどのオプション機能だけを利用したり、オプション機能を自由に組み合わせての利用、利用開始後の機能拡張も容易に行えるという。価格は月額3万5000円からで、利用ユーザー数単位の設定となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]