編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米司法省、オラクルを提訴--米政府とのソフトウェア販売契約の不正行為で

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-08-02 11:45

 米司法省は米国時間7月29日、米政府との契約で不正行為があったとしてOracleを提訴した。この訴訟は、Oracleと米一般調達局(GSA)との1998年から2006年のソフトウェア販売契約に端を発するもの。同契約では、Oracleがほかの民間顧客への割引を拡大した場合、その旨をGSAに知らせ、同等の割引を米政府に提供する必要があった。

 訴訟は、Oralcleが同社の実際の民間取引に関して不正確に伝え、米国に対し詐欺行為を働いたと主張している。Oracleにコメントを求めたがすぐには回答を得られなかった。

 この訴訟はもともと、米虚偽請求取締法に基づき、Oracleでシニアディレクターを務めていたPaul Frascella氏がバージニア州東部地区連邦地方裁判所で起こしたもので、米政府がFrascella氏の件と関連づけて提訴した形となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]