編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

仮想マシンのライセンス不正使用を防止--セーフネットのソフトウェアライセンス管理ツール

ZDNet Japan Staff

2010-08-03 11:15

 日本セーフネットは8月3日、ソフトウェアライセンス管理ソリューションの最新版「Sentinel HASP 5.0」(HASP 5.0)日本語版を発表した。

 HASPは、ソフトウェアの違法コピーや不正使用を防止する知的財産の保護ソリューション。ソフトウェアベンダーは、同ソリューションを使ってハードウェアキーやソフトウェアアクティベーションによるライセンス発行を行うことができる。

 HASP 5.0では、新たにバーチャルマシンやバーチャルストレージなど仮想化環境におけるライセンス管理が可能となった。これにより、ソフトウェアベンダーは仮想化環境でアプリケーション動作を許可するか否か設定できるほか、許可した場合エンドユーザーはゲストOSや仮想環境からでもソフトウェアがアクティベーションできるようになった。

 また、HASP 5.0では仮想マシンのクローン検知機能が追加された。これまでのライセンシング技術では、仮想化されたマシンを実マシンと認識してしまい、ライセンスの不正使用を防ぐことができなかったが、クローン検知機能では、CPU情報やMACアドレスといった固有情報を組み合わせたマシンのフィンガープリントにライセンス情報をひも付けするため、仮想マシンでのクローン作成が防止できる。

 さらに、5.0ではカスタマーサービス機能として、エンドユーザーに配布したプロダクトキーを指定し、アクティベーション状況の確認や最大アクティベーション許容回数の変更ができるほか、レポート作成機能「HASP Reporting Module」により、アクティベーションの統計や履歴のリアルタイム表示、時限ライセンスの期限切れといった情報を表示させることも可能だ。

 HASP 5.0の価格は、USBハードウェアキーの場合の参考価格が4900円から。開発ツールやエンドユーザー向けのツールは無料で同社サイト上から入手可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]