2年間で約470億円の申告漏れ--日本HP「税法にのっとり適正に申告」

田中好伸(編集部) 2010年08月11日 18時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日新聞によると、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、東京国税局の税務調査で2006年10月期までの2年間で約470億円の申告漏れを指摘された。日本HPはZDNet Japanの取材に対し「日本の税法にのっとって適正に申告している。会社のルールに関することなので詳しくコメントできない」としている。

 報道によれば、米Hewlett-Packard(HP)グループは2005年ごろから世界各地の製造や販売の子会社に共通の人事や総務などの管理業務をHP本社に集約、HP本社は2005年と2006年の決算期末にスイスに設立した子会社を通じて、管理業務費として日本HPに計約470億円を請求し、日本HPは一般的な事務管理やグループの維持運営に費やした経費として、同額を払ったという。

 しかし、東京国税局は「何のサービスに対する経費なのかが明確ではなく、合理的支出ではない」と判断し、経費計上を認めずに約470億円少なくなった分を申告漏れにあたるとしている。追徴税額は約230億円と見られている。日本HPは同額を納付した上で東京国税局に異義を申し立てているようだ。

 HPグループのように、多国籍企業の多くは近年、管理部門を子会社におかずに親会社が直接その機能を担う“シェアードサービス”化をするのが一般的であり、子会社はその費用を親会社に支払うことが多い。今回の日本HPの申告漏れは、そうしたシェアードサービスの利用形態について疑問を呈したことになる。日本HPでは、今回の件について「米HPはニューヨーク証券取引所に株式を公開しており、会社のルールに関することは詳しくコメントできない。税務については、各国の税制にのっとって適切に対処している」と、ZDNet Japanの電話取材に回答している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算