編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

チェック・ポイント、支社支店向けセキュリティアプライアンス

吉澤亨史

2010-08-12 18:40

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)は8月12日、支社・支店環境向けの新しいセキュリティゲートウェイ「Series 80アプライアンス」を発表した。スループットは1.5ギガビット、価格は38万円としている。

 Series 80アプライアンスは、ファイアウォールや不正侵入防御(IPS)、仮想私設網(VPN)、ウイルス対策、マルウェア対策、URLフィルタリング、スパム対策、メールセキュリティなど、さまざまなSoftware Bladeを搭載できる「Software Blade アーキテクチャ」をベースとしたアプライアンス機器。

 ワンクリックで起動でき、本社の専門スタッフによる追加のサポートを必要とせずに数分でローカル環境に導入できるという。セキュリティ管理者は、支社や支店のポリシーをチェック・ポイントのセキュリティ管理コンソールから一元的に定義できるとしている。

 セキュリティポリシーやセキュリティプロファイルは支社や支店のゲートウェイに自動的に適用されるため、導入を簡素化し管理負担を軽減しながら、大規模なオフィスや企業と同レベルの一貫性のあるセキュリティを強固に維持できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]