編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、テキサス・インスツルメンツのケーブルモデム部門を買収へ

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-08-17 07:55

 Intelは米国時間8月16日、同社の「Atom」プロセッサ製品ラインの市場拡大に向け、Texas Instruments(TI)のケーブルモデム部門の買収に合意したと述べた。

 この買収は、IntelのSoC(system on a chip)向けAtomプロセッサである「CE」製品ラインと適合性の非常に高いものであると同社は述べた。Intelは声明で、「この買収により、ケーブル業界に向けたIntelの取り組みが強化される(中略)ケーブル業界では、IntelのAtomプロセッサをベースとする高度なSoC製品を構築するためのIntelの専門技術が活用されることになる」と述べた。

 Intelは、TIの「Puma」製品ラインを、Data Over Cable Service Interface Specification(DOCSIS)をベースとする(ケーブルモデム間の互換性を定義するための)技術とIntelのSoCに統合し、ケーブル業界向けに高度なセットトップボックス、家庭用ゲートウェイ、およびモデム製品を提供する予定である。

 IntelのDigital Home Groupのケーブル部門担当ゼネラルマネージャーを務めるBob Ferreira氏は声明で、「Intelは、セットトップボックス、デジタルTV、Blu-rayディスクプレーヤー、コンパニオンボックス、関連機器といった家庭用電化製品の基盤となるSoCの提供に照準を合わせている」と述べた。

 Texas Instrumentsのケーブルモデム部門に所属する全従業員に対し、それぞれの母国(主にイスラエル)にあるIntelに入社し、IntelのDigital Home Groupに加わるという選択肢を提供したとIntelは述べた。

 買収のその他の条件は明らかにされていない。今回の合意内容は、規制当局の審査を受け、慣例的な完了条件を満たす必要があり、買収は2010年第4四半期に完了する予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]