編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「非コミュ」から脱出する10の方法 - (page 5)

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-18 08:00

#9 話の論点がずれてしまい、話がかみ合わなくなることがよくある

 論点がずれたり、相手と話がかみ合わないときは、自分を正当化することに汲々としている場合が多い。つまり、「自己愛的意識」が自己を正当化するよう根底に働きかけているということだ。

 そんな時、たとえば自分に不利なことを言われると、頭の隅では相手の言い分を肯定しながら、その言葉を目の前から打ち消したいという気持ちに駆られる。そのため、表面的な自己正当化を続けざるを得ず、話がかみ合わないという状況になる。相手から見ると多くの場合、「不利なことを言われると毎回逆に自分が被害者であるような話を持ち出して論点がずれる」というパターンになる。

 こういった状態を避けるには、これまで「走りながら考えていた」のを「歩きながら考える」ことに変えるか、「少し立ち止まって考える」ことを勧めたい。そして、自分の都合だけでなく、相手の立場を考えること。自分の価値観や概念を絶対視するのではなく、違う意見にもよく耳をかたむけることだ。

#10 相手の思いを汲みとることができない(と、よく指摘される)

 自分の観点だけで話を進めることは、人の心を読み取る「読心術」に欠ける対応だ。読心術はコミュニケーション力を高めるために大切な要素だということを覚えておこう。

 心理学に「3V理論」というものがある。これは話し手が聞き手に印象を与える要素を測定したもので、これによると、「VISUAL」=見た目、しぐさ、表情が55%、「VOICE」=声の質やトーン、大きさ、話し方が38%、「VERBAL」=話の内容が7%という結果が出ている。つまり、人は、話の内容よりも目に見える情報や声から感じとる情報によって、相手を理解するということだ。話の内容だけ把握しても、相手の心を読み取ったことにはならない。五感を働かせて話を聞くことではじめて、自分も的確な回答を返すことができる。

 そのためには、まず、人の話を最後まで聞くことが大前提となる。話の途中で自分の話をはじめたり、答えを決めつけたりしてはならない。話をよくよく聞いて、相手の考えや本音を引き出すことがコミュニケーションのスタートとなる。そして、話す相手に身体を向け、顔をしっかり見て、その表情やしぐさをじっくり観察しよう。表情やしぐさは、相手の本音を知る大切なサインだ。話を聞いていたとしても身体はパソコンに向かったまま、仕事の片手間に聞いているのでは相手の本意を知ることはできない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]