編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ポリコムジャパン、ビジュアルコミュニケーション基盤製品を強化

ZDNet Japan Staff

2010-08-18 15:12

 ポリコムジャパンは8月18日、「Polycom UC Intelligent Core」というコンセプトに基づいたビジュアルコミュニケーションインフラストラクチャソリューションの強化を発表した。同ソリューションを構成する各製品群は、現四半期から順次出荷を開始する予定。

 Polycom UC Intelligent Coreは、多地点接続、仮想化、管理、スケジューリングおよびゲートキーパーなどのシステムを基盤に、安全かつ高品質なHDビデオサービスを組織全体に提供するコミュニケーション基盤。これには、イマーシブテレプレゼンス、会議室用ビデオ会議システム、デスクトップ型ビデオ会議システム、リアルタイムのビデオストリーミング、オンデマンドの映像コンテンツ、デジタルサイネージなどが含まれるという。

 また、国際標準規格に準拠しているため、他社製を含む幅広いユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームとの統合が可能で、既存ソリューションと比べて総所有コスト(TCO)を低く抑えることができるとする。同社の試算では、中規模企業が一般的なポリコムのテレプレゼンスソリューションを導入する場合に、既存のソリューションと比較して初年度で210万ドルのコストを削減できるという。

 Polycom UC Intelligent Coreには、H.264ハイプロファイルをサポートすることでHDビデオ会議の帯域幅を最大50%削減可能な「Polycom RMX 1500」「Polycom RMX 2000」「Polycom RMX 4000」といったリアルタイムメディア会議プラットフォームのほか、多地点会議のリソースを最適化してネットワーク容量を確保する「Polycom Distributed Media Application(DMA)7000」などが含まれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]