編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ISID、クレディセゾンのネット会員分析システムを構築

ZDNet Japan Staff

2010-09-06 17:02

 電通国際情報サービス(ISID)は9月6日、クレディセゾンのマーケティング支援システムを構築したと発表した。同システムでは、米QlikTechが開発したインメモリ型BIツール「QlikView」を採用し、3カ月という短期間での稼働を実現したという。

 クレディセゾンは、「セゾンカード」「UCカード」という2つのカードブランドを持ち、2830万人の会員基盤を抱えるクレジットカード会社。同社では「構造改革とイノベーションの具現化」を経営戦略に掲げ、事業構造改革によるコストコントロール、カードビジネスの収益拡大施策を進めるとともに、会員リソースを活用したウェブビジネス拡大にも取り組んでいる。

 従来は、2つのカードブランドサイトの会員管理システム、および同社が運営するショッピングモールサイト「永久不滅.com」の営業実績レポートシステムが独立して存在していたため、これらを統合した多角的な分析が困難だったという。さらに同社では、ネット会員拡充施策の一つとして、永久不滅.com関連のサービスサイトを統合し、非カード会員へのサービス開放を9月1日より実施。このため、様々な属性をもつネット会員の分析を、柔軟かつ低コストで行えるシステムの構築が求められていた。

 今回、会員分析システムにBIツールとしてQlikViewが採用されたポイントとしては、「複数のシステムに分散し、フォーマットも異なる会員データを、一元的に表示・分析できること」「中間集計や分析パターンの設計といったシステム要件定義が不要なため、導入・メンテナンスにかかるコストや期間を大幅に軽減できること」「データへのアクセスを高速なメモリ上で実行するため、膨大な会員データをリアルタイムで検索・照会できること」「優れた操作性により、専門的な分析知識のないユーザーでも、短時間で思いどおりの分析を行えること」などが評価されたという。

 クレディセゾンでは、同システムの稼働により、膨大な数の会員データを効率的かつ効果的に分析することで、個々の会員に適切な情報やサービスを提供し、ネットビジネスの強化につなげる計画としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]