編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

日立、韓国での先行事例を活用して「日立IFRS導入支援ソリューション」を強化

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-07 19:33

 日立製作所(日立)は9月7日、日本の会計基準に近い韓国のIFRS(国際財務報告基準)先行事例を活用して「日立IFRS導入支援ソリューション」を強化すると発表した。10月1日から提供を開始する。同ソリューションの展開にあたっては、日立とLG Electronics(LG)との合弁会社であるLG Hitachi(LG日立)が、コンサルティングおよびシステム構築を日立とともに行うという。

 今回のソリューション強化では、韓国LGグループの総合ITソリューション企業であるLG CNSが実際に手がけたSAPユーザーへのIFRS導入ノウハウを提案書や要件定義書などのテンプレートとして活用して、コンサルティングやシステム構築を実施するという。これにより、日本企業の迅速なIFRS導入対応を支援するものだとしている。

 IFRSは、日本においても、2015年での強制適用が予想され、2010年3月期からの早期適用も可能となり、上場企業を中心にその導入検討が本格化している。一方、韓国では、2011年からの強制適用が決定しており、LGグループをはじめとする主要企業においては、2010年12月期からの早期適用を表明している。

 LG CNSは、これまでにLGグループの企業をはじめ、製造・流通・金融・建設業など、幅広く韓国企業のIFRS導入を業務とITの両面で支援してきた。会計帳簿を管理する上で重要な勘定元帳の保持方式や勘定コードの設定方法など、同社がIFRS導入に際して実際に検証・実施してきた業務とITの両面でのノウハウは、日本でIFRS導入を進める企業にとっても有益なものだという。日立は、これらテンプレートとしてまとめられた提案書や要件定義書、システム構築後のユーザーマニュアルなどを、実際の導入コンサルティングやシステム構築時に活用するとしている。これにより、IFRS導入の際に必要となる既存システムの検証や改修を効率的にすすめ、導入への迅速な対応が可能となるため、システム構築期間の短縮とコスト低減が実現できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]