編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

キヤノンIT、メール誤送信対策システム新版--ユーザー区分で操作権限を変更

田中好伸(編集部)

2010-09-08 18:16

 キヤノンITソリューションズは9月8日、メール誤送信対策システムの新版となる「GUARDIAN CorrectMail V1.1」を9月13日から販売することを発表した。GUARDIAN CorrectMailを使用した「メール誤送信対策 ASPサービス」の新版も同日から販売する。価格は50ユーザーで17万5000円(税別)からとなっている。

 最新版のGUARDIAN CorrectMail V1.1は、一般ユーザーと部門管理者というユーザー区分で操作できる権限が変更可能になっている。これによって「一般ユーザーには保留メールの削除はさせるが、外部に送信する場合は必ず上長が承認する」といったセキュリティポリシーにあった運用が可能になった。また保留されたメールの確認漏れを防ぐため、保留メールが指定された時間、操作されずにたまっている場合には通知メールを送信できるようになっている。

 また新版では、判定ルールの作成時にあて先アドレスの条件や通知メールの送信先の指定に、メールアドレスを直接入力する代わりに“管理者”を選択できるようになっている。組織変更などで上長が替わってしまった場合でも、グループの設定を変更するだけでルールを作成し直す必要がなく、すぐに新しい組織での運用ができるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]