編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

M・ハード氏、オラクルでの年間基本給は95万ドルに

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-09-09 11:41

 Oracleの共同社長になることが決まったMark Hurd氏。米証券取引委員会(SEC)に提出された内定通知によると、1年間の基本給与は95万ドルで、Oracleが設定した目標を達成した場合には、2011年に500万ドルの役員賞与を受け取ることができるという。さらにストックオプションが付与され、Hurd氏は、就任時に1000万株まで、その後Oracleにとどまっているかぎり、5年にわたり年間500万株まで同社の普通株を購入できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]