編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

社内ITへのモバイルアクセスを実施している企業は32.1%--IDC調査

ZDNet Japan Staff

2010-09-09 17:39

 IDC Japanは9月9日、国内モバイルワーキング市場における企業ユーザー調査結果を発表した。これによると、携帯電話やポータブルPC、スマートフォンなどを含む何らかのモバイル端末から社内システムにアクセス利用している企業は32.1%あり、「検討中」を含めると50.3%の企業に利用意向があることがわかったという。

 IDCでは、モバイルワーキング市場を、モバイルネットワークの高速化やデバイスの多様化により、今後の成長が期待できる市場と位置づけている。同社では、モバイルシステムを利用した働き方、働く時間などによって、モバイルワーカーを3つの大分類と7つの中分類に定義。モバイルワーカー全体の中で、企業に雇用されており、仕事をするオフィスを持ち、かつ外出先や自宅などオフィス外で就業時間の20%以上の業務を行う人を「モバイルプロフェッショナル(オフィス型)」としており、その人口は、2009年末に960万人に達しているとIDCでは推定している。これは、就業人口の15.4%に相当するという。

 また、モバイルワーキング市場で、企業ユーザーの768社を対象に利用動向や受容性などのアンケート調査を行っている。これによると、ユーザーが現在利用しているアプリケーションは、「電子メール」「スケジュール管理」「グループウェア」が上位を占めているという。また、将来的には「ウェブ会議」などのリアルタイムコラボレーションについての利用意向が高く、同市場の成長促進要因のひとつとなると分析している。また、導入にあたっての課題としては「データ通信料金」「セキュリティ対策」「紛失などの情報漏えい対策」が上位となり、これらが市場成長の阻害要因であると見ている。

 先進ユーザーを対象に行った事例調査の結果からは、モバイルワーキングの導入目的が3つに分類され、「コスト削減、効率向上」「労働力の確保」「ダイバーシティ人事施策」の各ステップを企業が踏んでいることがわかったという。IDC Japan、ソフトウェア&セキュリティマネージャーの眞鍋敬氏は、「企業がモバイルワーキングを導入する場合、目的やアプローチ方法を明確にすることが重要である。また、ベンダーや通信事業者は、モバイルワーキングへの適合性が高い企業セグメントでの導入実績を増やすこと、ユーザーのバックオフィスIT化を含めたコンサルテーションを行うことなどが重要である」とコメントしている。

企業におけるモバイル端末から社内システムへのアクセス利用状況 企業におけるモバイル端末から社内システムへのアクセス利用状況(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]