NEC、オフィス環境をクラウド化する「WaaS」を提案--新サービス「UNIVERGE Live」を投入

大河原克行 2010年09月17日 12時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月16日、クラウドコンピューティングを活用したオフィスソリューションの新サービス「UNIVERGE Live」を発表した。合わせて、同社が提供する各種ネットワークサービスを「UNIVERGE ネットワーサービス」として再整備。また、オフィス向けソリューションとして「UNIVERGE オフィスソリューションパック」も同様に再整備し、これらを組み合わせた提案を「WaaS(ワース、Workplace as a Service)」として、中堅中小企業を対象に展開を図るという。

 同社ではWaaSを、「サービスを利用することで、安心・安全なワークプレイスを実現するもの」と定義し、今後の提案活動などにこの言葉を活用していく考えだ。

保坂岳深氏 NEC、執行役員の保坂岳深氏

 NEC執行役員の保坂岳深氏は「NECは、クラウド指向データセンターの各種サービスを提供する一方で、オフィスの机の上のPCまで面倒をみてきた。オフィスのクラウド化にはこうした実績が必要であり、さらにこれらを結びつけるネットワークサービスが重要な意味を持つ。オフィスや工場、店舗といった現場での導入実績によるノウハウとともに、これにクラウドサービスとネットワークサービスを組み合わせることで、BB(ブロードバンド)オフィスからC&Cオフィスへの進化を提案できるようになる」と説明する。

 また、NEC執行役員常務の山元正人氏も、「C&Cオフィスとは、“持たざるIT”を実現するクラウドサービスとネットワークサービスを、既存のオフィスソリューションに融合するものであり、オフィスや現場のワークプレースで働く人を支援し、知の活用を促進するものになる。同時にオフィスのコスト削減とエコの実現、企業内および企業間のコラボレーションの活性化により、企業力を向上できる」とした。

山元正人氏 NEC、執行役員常務の山元正人氏

 UNIVERGE Liveでは、オフィスのICT環境を、NECのデータセンターを活用したクラウドサービスとして提供する。利用者は、最新のサーバやネットワーク機器、ソフトウェアなどを自社で所有せずに、各種の機能が利用できる。ワークスタイル革新を支えるためのサービスメニューを、「IT運用管理支援」「コミュニケーション支援」「セキュリティ支援」の3つのカテゴリでそれぞれに用意。さらに、これらのメニューをベースにして、用途ごとにメニューを組み合わせたサービスパックを3種類用意することで、顧客の導入の容易さ、パートナーの提案のしやすさを実現するという。

 サービスパックは、メール、ストレージなどの運用支援を目的とした「UNIVERGE Live エッセンシャル」、グループウェア、ウェブ会議などのコミュニケーション強化を目的とした「UNIVERGE Live フュージョン」、ファイアウォール、ウェブフィルタリングなどのセキュリティを提供する「UNIVERGE Live シェルター」で構成される。これらのパックによって、「オフィスのICT運用の負荷を軽減したい」「社内外とのコミュニケーション強化したい」「手間をかけずにセキュリティを確保したい」といった顧客ニーズに対応できるという。

「UNIVERGE Live」のサービス構成 「UNIVERGE Live」のサービス構成(画像クリックで拡大表示)

 販売価格は、UNIVERGE Live エッセンシャルの場合、1ユーザーあたり月額800円(税別)から。出荷開始は2011年1月からとなる。自社による販売に加え、販売パートナーを通じた拡販も展開する。販売パートナーは、顧客の管理ポータルサイトを通じて、サービス契約状況、サービス稼働状況、課金情報などを一元管理できる。新たなソフトを追加する際などの課金管理やライセンス管理も可能になるという。

 一方、UNIVERGE ネットワークサービスは、UNIVERGE Liveとの接続に必要なネットワークを短期間で提供できるサービスとしており、販売価格は月額2万4600円(税別)から。出荷開始は10月から。UNIVERGE オフィスソリューションパックは、NECがこれまでブロードバンドソリューションセンターで実践してきた各種ソリューション群を仮想アプライアンス化して提供するサービス。販売価格は248万円(税別)からで、出荷開始は10月からとなっている。

 同社では、来年度以降、UNIVARGE製品を取り扱う海外3000社のパートナーを通じて海外展開を開始するほか、2012年度には200億円の売り上げ規模を目指す。また同社では、神奈川県川崎市の玉川事業場内に玉川ソリューションセンターを設置。同センターを通じて、C&Cオフィスの実践を行い、そのノウハウを顧客、パートナーにも展開していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]