国内PaaS&IaaS市場、参入ベンダーの増加で急拡大--ITR調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-29 21:54

 アイ・ティ・アール(ITR)は9月29日、クラウドコンピューティング市場における国内PaaSおよびIaaS(Platform as a Service、Infrastructure as a Service)市場についての調査結果を発表した。

 これによると、国内PaaS、IaaS市場の2009年度の売上金額は116億5000万円となり、前年より倍増したとしている。ITRでは、2009年度後半から参入ベンダーが急増しており、また2010年度より本格的に市場参入するベンダーも多いことから、2010年度は前年比で約2.5倍とさらに拡大すると予測している。

 また、ベンダーシェアでは、NTTコミュニケーションズが堅調に売上げを伸ばし、34.4%のシェアを獲得。2位は、SaaS市場の草分け的ベンダーであるセールスフォース・ドットコムが獲得し、この市場でも健闘している。3位のIBMは、パブリック型のサービスメニューの拡充を進めつつあり、2010年度にはさらにシェアを拡大する見込みとしている。

 ITR、シニア・アナリストの甲元宏明氏は「IaaSは、仮想サーバやサーバOSなどのITインフラを提供するサービスであり、サービスそのものの差別化は容易ではない。そのため、既にIaaS市場は価格競争に突入している。今後は、クラウドサービスプロバイダー(CSP)の技術力や経営体力の勝負となり、良質なサービスを低価格で提供できる運用技術やノウハウをもつCSPが生き残っていくだろう。これに対し、事業規模が小さく、技術的な差別化が困難なCSPが生き残る可能性は低いと考える」とコメントしている。

2009年度金額ベースの国内PaaS/IaaS市場ベンダーシェア 2009年度金額ベースの国内PaaS/IaaS市場ベンダーシェア(出典:ITR「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2010」)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]