編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

りそなグループ、部門業務システムをプライベートクラウド化--富士通が構築

ZDNet Japan Staff

2010-10-06 16:11

 富士通は10月6日、りそなグループにおける部門業務システムを、同グループのシステムセンターにプライベートクラウドとして構築し、りそなグループに対してサービスとして提供すると発表した。今年度中に運用が開始される予定。

 りそなグループでは「真のリテールバンクの確立」を経営方針に掲げ、経営をサポートする情報システムに関しても、システム構築のスピードアップやコスト削減に取り組んできたという。その中で、IT基盤の構築やIT投資の最適化を目的として、顧客情報管理などの部門業務システムをプライベートクラウド環境で構築することを検討した。

 今回、富士通がりそなグループ向けに構築したプライベートクラウドは、りそなグループのシステムセンター内に設置。同センター内のIAサーバを仮想化技術により統合し、従来の約5分の1に集約することで運用効率の向上とコスト削減を可能にしているという。また、富士通では、同環境のサーバリソース、ハードウェア、ミドルウェア、構築、導入、運用のすべてのレイヤにおいて、利用するCPUノード数およびストレージ容量数などに応じた従量課金サービスとして提供する。これにより、IT投資の最適化と高品質なクラウド運用の実現を図ることができるとしている。

りそなグループにおけるプライベートクラウドのイメージ(出典:富士通) りそなグループにおけるプライベートクラウドの運用イメージ(出典:富士通)

 クラウド基盤には富士通のブレードサーバ「PRIMERGY BX900」を採用することで、サーバリソースの追加変更などへの柔軟な対応に加え、年間約20%のCO2削減が見込まれるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]