編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTPC、クラウド型ホスティング「WebARENA CLOUD9」--最短3分で開通

田中好伸(編集部)

2010-10-08 19:26

 NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は10月7日、クラウド型ホスティングサービス「WebARENA CLOUD9」の販売を開始した。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)のグループ会社である米Verioが開発した基盤をNTTPCが日本向けにローカライズした。中堅中小企業向けに提供されるパブリッククラウドのIaaSになる。

 基本スペックは、ハードディスク(HDD)が50Gバイトから(最大1テラバイト)、メモリが1Gバイトから(最大16Gバイト)、CPUが共用で1コア(最大4コア共用)、OSが「CentOS 5」、IPアドレスがグローバルで1つ、プライベートで1つとなっている。

 主な機能としてマイグレーション、フェールオーバなどを提供する。マイグレーションでは、リソースの使用状況に応じて、空きリソースのあるサーバへ自動移行する。従来の共用ホスティングサービスと比較して、ほかのユーザー企業の仮想サーバの高負荷でサーバが停止してしまう影響を抑えられるという。

 フェールオーバは、ホストサーバの故障時でも代替サーバに自動移行して、自動で復旧する。従来のサービスと比較して故障によるダウンタイムが短縮されることが期待できるという。不正アクセスを防止するため、サーバをプライベートアドレス空間に設置して、公開するポートだけをネットに開放する設計をしている。

 今後提供する機能としてはオートスケールアップを予定している。あらかじめ予約しておいたリソース値まで、利用状況に応じて、サーバが停止させずにシステムが自動でリソースを拡張させる。突発的なアクセス増加にも自動でリソースが拡張されるとしている。来春の提供を予定している。

 支払い方法はクレジットカード、銀行振込、口座振替、コンビニ払いの4つから選べる。クレジットカードの場合オンラインサインアップ後最短3分で開通できるという。初期費用は5250円、月額料金はクレジットカードで4800円、請求書払いで5640円となっている。

 オプションでDNSアウトソーシングとウェブ改ざん検知サービスが提供される。DNSアウトソーシングの初期費用は1050円、月額料金が525円。ウェブ改ざん検知サービスの初期費用は2100円、月額料金が2100円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]