編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コネクティ、自社製品などをSaaSで無償提供する新プロジェクト開始--中小企業向け

浅賀美東江 岩本有平(編集部)

2010-10-13 17:36

 コネクティは10月13日、SaaS型サービスの無償提供プロジェクト「Connecty Free-Way Project」の開始を発表した。

 Connecty Free-Way Projectは、コネクティが開発するサービスの無償版を提供するほか、オープンソースとして流通しているソフトウェアを、SaaS型にカスタマイズし、中小企業をメインターゲットに無償提供していくプロジェクトだ。

 第1弾として、メール配信やCMS、CRMの機能を統合した「eDM on Demand Free Edition(ベータ版)」に、オープンソースのECソフトをカスタマイズして付加する「ECレボリューション」を無償提供する。

 eDM on Demandは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の2009年度中小企業経営革新ベンチャー支援事業のプロジェクトとして採択されたテーマを商品化したもの。しかし現状、中小企業よりも大企業の利用が多いという。「本来の目標である中小企業がサービスを利用しにくい状況になっていたため、基本無料のサービス提供に踏み切った」(コネクティ代表取締役社長兼コーポレートエグゼクティブフェローの服部恭之氏)。

 ユーザーとして想定するのは、すでにオンライン以外でビジネスを展開している中小企業や、オンラインショッピングモールに出店するユーザーなど。サポートやオプション機能の利用などを有償で提供して収益化を目指す。今後はソウルドアウトと協業して、売上拡大のための集客プロモーションの提案も進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]