編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

アイオメガ、SSDベースのUSB 3.0ポータブルドライブを発表

文:Dong Ngo(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-10-18 08:32

 Iomegaは米国時間10月15日、同社初、そして、おそらくは世界初となる、ソリッドステートドライブ(SSD)ベースのポータブルストレージ「Iomega External USB 3.0 SSD Flash Drive」を発表した。

 これまで、ほとんどのポータブルドライブは、2.5インチハードディスクをベースとしていた。その名前が示すように、今回の新しいドライブは、最大5Gbpsの転送速度を提供するUSB 3.0もサポートする。

 Iomegaによると、新しいSSD Flash Driveは、256ビットのハードウェア暗号化機能を搭載し、堅牢なボディを採用。USBバスパワーで駆動するため、USBケーブル1本でデータ転送と電源供給を行う。

 Iomegaは、新しいドライブは、その金属筐体によって10フィート(約3.05m)の高さからの落下に耐え、通常の7200rpmのSATAハードディスクの約2倍の書き込み速度を提供すると主張している。SSD Flash Driveには、アンチウイルスおよびバックアップソフトウェアが付属し、3年保証が提供される。

 新しいSSD Flash Driveは2010年11月初頭に発売予定で、価格は64Gバイト、128Gバイト、256Gバイト版がそれぞれ229ドル、399ドル、749ドルとなる予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]