編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップル、「Mac OS X」のJavaを更新--今後の同梱中止を示唆

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2010-10-22 09:09

 Appleは、米国時間10月20日にMac OS Xに組み込まれているJavaを更新する「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」において、MacにおけるJavaのサポートを近い将来終了する可能性を示唆した。同アップデートは以下のように、これが最後になるかもしれないと警告している。

 Appleがポーティングし、Mac OS Xとともに出荷したバージョンのJavaであるJava for Mac OS X 10.6 Update 3について、優先度が低下している。

 Appleが開発したランタイムは今後、これまでと同じレベルを維持されることはなく、Mac OS Xの将来のバージョンからは削除される可能性がある。Mac OS X 10.6 Snow LeopardおよびMac OS X 10.5 Leopardとともに出荷したJavaランタイムについては、これらの製品の標準のサポートサイクルを通して、今後もサポートおよび維持を続行する予定である。

 言い換えれば、Appleは、同社のコンピュータ上で今後、Javaを使用しないことを推奨しており、同社がJavaのサポートを終了する可能性があることを強く示唆している。

 21日にオンライン上にリークした開発者向けの規則によると、近々提供されるMac App Storeでも同じことがいえるようだ。規則2.24には、「優先度の低い技術、またはオプションとしてインストールされている技術(Java、Rosettaなど)を使用するアプリケーションは承認されない」と記されている。

 Macを企業以外のコンピューティング環境で利用する通常のユーザーにとって、Adobe Systemsとの論争とは異なり、これはそれほど大きな問題ではない。新しいApp StoreにおいてJavaアプリケーションに対する需要が非常に高くなるとは考えられず、他の手段によってインストールされたJavaを使用するアプリケーションについては、どうしてもJavaを使用しなければならないユーザーが、使用する前にJavaがインストールされていることを確認すればよいことになる。企業のIT担当者は、社内でMacをサポートするならば、いずれにしても独自にソフトウェアをインストールするだろう。しかし、消費者についてはおそらく、Javaが必要というユーザーは少ない。

 今回の理由は、誰もが知っているとおり、Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が、同社のデバイスにネイティブアプリケーションを使用することを好むからである。Javaは、Flashと同様に、本質的にクロスプラットフォームである。Jobs氏にとっては、それは、すべてのプラットフォームに共通する部分のみを対象に開発されていることを意味し、彼に言わせれば、最悪だということになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]