MacのJavaサポートは終了か?--Appleが“見切る”影響を考える - (page 3)

海上忍

2010-10-26 08:00

これまでAppleが“見切った”アーキテクチャとの関連性

 今回の件で、Appleによる直接のサポートが終了する具体的なスケジュールが見えてきたが、数年前から予想できたことともいえる。ここでは、その予兆ともいえる出来事をいくつかピックアップしてみよう。

Cocoa-Javaブリッジの廃止

 Cocoa-Javaブリッジとは、JavaからCocoaへのアクセスを可能にするAPIであり、Objective-Cが現在ほどの存在感がなかった時期に、Cocoaアプリケーションの開発を助けるものとして注目を集めた。

 そのためAppleは、初期のMac OS XでCocoa-Javaブリッジに力を注いでいる。NeXT Softwareから引き継いだWebアプリケーションサーバ製品「WebObjects」をJavaで書き換えるなど、そのままJavaがMac OS Xにおける一大開発言語となりうる状況にあったともいえる。WebObjectsの開発ツールとフレームワークの一部がXcodeに統合されていたことは、その証明になるだろう。

 しかし、Appleはその後方針を転換。WWDC 2006において、Cocoa-Javaブリッジを廃止する方針を明らかにしている。WebObjectsの開発ツールも廃止が決定され、オープンソースコミュニティ(EclipseのWOLipsプラグイン)にその開発を委ねることになり、Snow Leopardの現在では、XcodeでWebObjectsプロジェクトを作成できなくなっている。

強まるネイティブ指向

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]