MacのJavaサポートは終了か?--Appleが“見切る”影響を考える - (page 4)

海上忍

2010-10-26 08:00

強まるネイティブ指向

 Cocoa-Javaブリッジの廃止宣言以降、Appleは一貫して「Appleプラットフォーム専用につくられたネイティブバイナリ」への一本化を進めている。

 その傾向はiOSプラットフォームに顕著で、2010年9月にライセンスが緩和されるまでは、中間言語や互換性レイヤを用いて開発されたアプリはApp Storeから事実上閉め出されていた。

 間もなくオープンするMac App Storeも、その延長線上にあると考えられる。iOSアプリと同様であれば、ネイティブバイナリではないアプリケーションが承認されない可能性、ひいてはJavaアプリが非承認となる事態も考えられる。

 Javaランタイムと同列に語ることはできないが、Appleは10月発売のMacBook AirからFlashプレーヤーのプリインストールを中止している。しかし、Javaのサポートがかつての積極方針からランタイムの提供終了がささやかれるまで変化したことを考えれば、それほど不思議なことではないはずだ。

Xcode 3.0 Java関連プロジェクトを作成できた、LeopardのときのXcode 3.0 ※クリックで拡大画像を表示

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]