編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

次世代のCIOは「収益をもたらす」--注目すべき7つの重要テーマ - (page 5)

冨田秀継(編集部)

2010-10-26 00:34

7. 持続可能性(コスト削減に貢献)

 多くの企業が「持続可能性」(Sustainability)に関心を持つようになった。Kutnick氏は、「持続可能性はグリーンITという言葉に言い換えることができる。コスト効率を上げていくと言うことに尽きる」と端的に説明してみせる。

 企業活動が環境に与える影響を軽減させる――そのためのコストを少しでも下げることが、引いては持続可能性につながるというわけだ。持続可能性に関する活動を上手に展開することで、社会からの印象も良くなり、間接的に収益の向上につながる可能性もあるとしている。

 以上の7つが今後3年間にわたって重要だと考えられているテーマだ。上ではいくつかのテーマについて「コスト削減に貢献」と書いたが、Kutnick氏は「支出を削ることは、効率化に貢献するということ。まわりまわって収益増につながっていくものだろう」と述べている。

 Kutnick氏は、東京・台場で開催中のガートナー ジャパン主催カンファレンス「Gartner SYMPOSIUM ITxpo 2010」に合わせて来日した。同カンファレンスの会期は10月27日まで。ZDNet Japanではその模様を随時お伝えする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]