「マルチスクリーンの革命」に乗り遅れるな--Adobe MAX 2010基調講演

柴田克己(編集部)

2010-10-26 19:00

 米国時間10月25日、カリフォルニア州のLos Angeles Convention CenterでAdobe Systems(Adobe)の年次ユーザーカンファレンス「Adobe MAX 2010」の基調講演が行われた。

 登壇したCTOのKevin Lynch氏は、PCに加えて、スマートフォン、タブレット、テレビなど多種多様なデバイスがインターネットのフロントエンドとなっており、特にモバイル端末へのユーザーのシフトは「PCの世界の中で起きている変化よりもさらに大きな意味を持っている」と指摘した。

Kevin Lynch氏 Adobe Systems CTOのKevin Lynch氏

 同氏は「コンテンツの作成から管理、配信、さらに効果測定のためのプラットフォームを提供する」というAdobeのミッションを改めて強調しつつ、「ウェブサイト」「デジタルパブリッシング」「ビデオ配信」「エンタープライズアプリケーション」「ゲーム」というそれぞれの分野において、ひとつのコンテンツを「マルチスクリーン」に展開していくための、新たな技術や製品、サービスを紹介した。

 Lynch氏はまず、「CPUパワー」「バッテリパワー」「ネットワークの帯域幅」「スクリーンサイズの多様化」といったトピックを取り上げ、モバイルの世界における変化を説明した。現在のスマートフォン(モバイルマシン)のCPUパワーは、約7年前のPCの水準に近いところにあるという。これと合わせて、バッテリパワーと無線ネットワークスピードも増大しており、モバイルで長時間かつリッチなコンテンツの動作を可能にした。

 さらに、モバイル端末でのスクリーンサイズは徐々に拡大すると同時に、携帯電話、タブレットなど、機器の特性を生かす形で多様化している。スクリーンサイズの点ではHDTVなどのリビングルーム機器の存在もある。

 Lynch氏は、2014年前後にはモバイルからのインターネットユーザー数がPCからのユーザー数をしのぐまでに増加するだろうとの予測を示す。Adobeでは、開発者やコンテンツデベロッパーがこうした変化に対応し、マルチスクリーンにコンテンツをデリバリできるようにするため、どのような取り組みを行っているかを説明した。

マルチスクリーンの革命 Lynch氏は、2014年にはモバイルからのインターネットユーザー数がPCからのユーザー数をしのぐまでに増加すると説明。「マルチスクリーンの革命が起こっている」とした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]