編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

「マルチスクリーンの革命」に乗り遅れるな--Adobe MAX 2010基調講演 - (page 2)

柴田克己(編集部)

2010-10-26 19:00

HTMLとFlash Platformの「補完関係」を推進

 Lynch氏はまず、ウェブサイト開発におけるマルチスクリーン対応について語った。HTMLベースの1つのコンテンツを複数のデバイスに対応させたい場合、デバイスのスクリーンサイズに応じた複数のスタイルを用意しておき、自動的に切り替えるといった方法がとられる。Lynch氏は「Dreamweaver CS5」に追加される新機能として、こうした切り替えに対応したサイトを容易にデザインできる拡張機能を提供するという。

 また、HTMLおよびCSSによるモーショングラフィックための新ツールとして、開発中の“EDGE”と呼ばれるオーサリングツールを披露した。Flash風のタイムラインを備えたインターフェースを使って、画面上のオブジェクトに対してアニメーションを設定できるもので、作成した成果物は、HTMLとCSSによって表現される。jQueryをベースに開発されており、現在プロトタイプの段階にあるという。Adobeでは、HTML5+CSS3によるサイト開発とFlashによるコンテンツデリバリを「補完的なもの」と位置づけており、ユーザーがニーズに応じて必要なツールを選ぶための選択肢を提供するとしている。

 そのほか、ウェブコンテンツの最適化の分野においては、ウェブ解析プラットフォームである「SiteCatalyst」の機能を強化。サイトの読者が「どのような機能が有効」で「どんなブラウザ」を利用しているか、「どのようなモバイル機器」で利用しているかなどを分析し、効果的なサイト構築を行えるようサポートするという。

  • Dreamweaver CS5では、スクリーンサイズによってスタイルを切り替えて表示するサイトを容易に構築する機能が追加される

  • タイムラインベースでモーショングラフィックを作成できる「EDGE」のプロトタイプも披露。jQueryベースで構築されている

  • SiteCatalystの機能も強化され、より詳細なサイト分析が可能になる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]