編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

「マルチスクリーンの革命」に乗り遅れるな--Adobe MAX 2010基調講演 - (page 3)

柴田克己(編集部)

2010-10-26 19:00

電子出版にまつわる機能をワンストップで提供

 スマートフォンやタブレット端末といったハードウェアと、そこで流通するコンテンツの「フォーマット」「閲覧ソフト」などのソフトウェア。さらに「配信」のためのプラットフォームと「マネタイズ」といったビジネス面など、さまざまな変化によって、近年「デジタルパブリッシング(電子出版)」は大きな注目を集めている。

 伝統的な紙の出版の世界で起こったデスクトップパブリッシング(DTP)という「革命」でも大きな役割を果たしたAdobeは、ウェブコンテンツの時代にもFlash Platformによって、そのリッチ化を先導してきた。

 そして現在、「電子出版が大きな変革の時期を迎えている」という。Adobeがその変革の中にあるパブリッシャーをサポートするために準備を進めているのが「Digital Publishing Suite」と呼ばれるソリューションだ。

 Digital Publishing Suiteは、コンテンツの作成、パブリッシュ、配信、マネタイズ、効果測定までを包括的に行うための一連の製品とサービスの組み合わせとして提供される。ビューワは「Adobe Content Viewers for iOS」および「Adobe AIR」をサポートしており、パブリッシャーは、これらを自社ブランドのアプリケーションに組み込んで配信することで、さまざまなデバイスで、一貫した読書体験を読者に提供できるとしている。

 コンテンツの作成ツールは、「Adobe InDesign CS5」を含む「Adobe Creative Suite」が基盤となる。デザイナーは、これまでに蓄積したエディトリアルデザインのための技術や投資を流用しつつ、新たなタブレットデバイスなどに向けた電子出版へと移行していくことが可能だとしている。また、各デバイスへ向けたパブリッシュの仕組み、マネタイズおよび効果測定のプラットフォームは、Adobeよりホステッドサービスとして提供される。例えば、効果測定のためにSiteCatalystが強化され、電子雑誌がユーザーにおいてどのような読み方をしているかについての詳細なレポートが得られるようになるという。

 Digital Publishing Suiteは、2011年第2四半期の正式リリースが予定されており、現在はベータ版として提供されている。開発はいくつかの出版社と協力して進めているとしており、基調講演では、先行してこのプラットフォームを利用したデジタル版の「WIRED」誌、「Martha Stewart Living」誌などが紹介された。ゲストとして、Martha Stewart氏と、Conde NastのCTOであるJoe Simon氏が登場。Conde Nastでは、WIREDのほか、New Yorkerなどの雑誌の電子版をこのプラットフォームで配信しており、デモでは、さまざまなデバイスや画面サイズに合わせて、テキストやグラフィックなどのコンテンツがダイナミックにパージされ、同様のルック&フィールを保って表示される様子が披露された。

  • ゲストとして登場したMartha Stewart氏。「WIREDに刺激され」て取り組んだという電子版の「Martha Stewart Living」を披露した

  • Digital Publishing Suiteで配信した電子書籍は、さまざまなデバイスで一貫したルック&フィールを提供できるという

  • Digital Publishing Suiteは、コンテンツの作成、パブリッシュ、配信、マネタイズ、効果測定までを包括的に行うための一連の製品とサービスの組み合わせとして提供される

 なお、初日の基調講演では、このほかにも「ビデオストリーミング」「エンタープライズアプリケーション」「ゲーム」の分野におけるマルチスクリーン対応への取り組みが紹介された。その様子は別記事でレポートする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]