編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CIOは「情報から価値を生み出す責任がある」--ガートナー

藤本京子(編集部)

2010-10-27 07:00

 IT業界が新たな世界へと変革する中で、ITリーダーやCIOは何をすべきなのか。ガートナー ジャパン主催のイベント「Gartner Symposium ITxpo 2010」にて、同社のアナリストらが提言した。

 まず、ガートナー リサーチ ジャパン リサーチ部門代表 バイス プレジデントの山野井聡氏が登場し、現在起こっている変化について語った。同氏が指摘したのは、ソーシャルメディアなどの普及でインターネットの情報量が爆発的に増え、ユーザーが容易に情報を得られるようになったこと、そしてそれに伴いIT部門の役目が変化しつつあることだ。

山野井氏 ガートナー リサーチ ジャパン リサーチ部門代表 バイス プレジデントの山野井聡氏

 「これまでITの導入は、IT部門が主導権を握っていた。しかし今では直接インターネットから情報を得ることで、企業の提供するITサービスについて消費者や顧客がIT担当者よりもよく知っていることさえあるほどだ。FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの普及や、モバイルデバイスの利用者増加によって、クレーム情報を含むあらゆる情報がすぐに入手できてしまう。1日にインターネット上で流れる情報量は15ペタバイトとも言われている。これをビジネスチャンスとして受け入れ、企業の内と外を隔てる壁をまず低くしなくてはならない」(山野井氏)

 このように、情報がオープン化され誰もが情報を入手できる時代において、個人の力が増していることを山野井氏は指摘。しかも、単にITに投資するだけで業績に結びつくわけではないなど、山野井氏はITリーダーにとって厳しい現実を突きつけた。

 こうした変化が起こっている中で、ITリーダーは何をすべきなのか。次に登場したガートナー リサーチ バイスプレジデントの堀内秀明氏が3つの新たなルールについて説明した。

 堀内氏の言う新たなルールとは、スマートコントロール、ITダイナミズム、インテリジェントビジネスの3点だ。

 スマートコントロールとは、これまでIT部門がすべてを抱え込む「コマンド&コントロール」(命令と管理)の体制を取っていたことに対する言葉で、「すべてを抱え込むのではなく、ある程度ユーザーに任せて上手に管理する」という意味だ。

 「IT部門は、ユーザーの要求を聞いて開発から導入まですべて担当していたが、ユーザーの要件は常に変化し、IT部門とユーザーの間で対立の図式が生まれていた。しかしITの敷居は低くなってきており、ソーシャルメディアの普及によって大規模な変革もユーザー部門である程度は取り組みができるようになった。この状況を阻止することはできない。となれば、IT部門がすべてを抱え込むのではなく、スマートにコントロールすれば良いのだ」(堀内氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]