バズワード化するビジネスアナリティクス--SASが定義するBIとの違い - (page 2)

渡邉利和

2010-10-28 00:46

ビジネスインテリジェンスではなくビジネスアナリティクスを

 Davis氏は「Business Analytics(BA)という言葉はバズワード化しており、さまざまなベンダーがBAソリューションを提供すると言っているが、実際には彼らが提供しているのは“Business Intelligence”(BI)ソリューションだ」という。

 同氏は、標準化されたレポートを出力したり、アドホックな問い合わせに対するレポートを出力したり、データをキューブ化してさまざな角度から分析するOLAPや、KPIに基づくアラートを出すなどの機能については、同社では「BAではなくBIの機能だ」と定義しているという。

 では、BAとBIの違いは何か?

 Davis氏の語るところでは、データに基づいて現状がどうなっているかを報告するのがBIのレベルで、その現状を踏まえた上で将来を予測し、将来の状況を最適化する提案ができるといったことまでカバーするのがBAということになるようだ。

SASが定義する“ビジネスアナリティクス” SASが定義する“ビジネスアナリティクス”※クリックで拡大画像を表示

 Davis氏によれば、現在市場で「アナリティクス」を語る企業のほとんどはBIレベルに留まっており、本当の意味でのビジネスアナリティクス(BA)ソリューションを提供しているのはSASだけということになる。これが、同社の業績が好調な理由とも言えるだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]