編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

イノベーションはアイデアと実行のかけ算--どちらかがゼロでは結果もゼロ

渡邉利和

2010-10-29 14:44

 SAS Instituteは10月26〜28日の3日間に渡り、Las Vegasで「The Premier Business Leadership Series」と題するイベントを開催した。今回掲げられているキーワードは“Innovate. Optimize. Transform.”(革新、最適化、変革)だ。

ビジネス課題からスタートすること

 The Premier Business Leadership Seriesというイベント名からも伺えるとおり、ソフトウェア企業のイベントではあっても、製品やテクノロジを前面に押し出すことはない。企業が現在直面する課題を指摘し、解決のためのヒントを提示するといった、ビジネス色が強いイベントとなっている。

 参加者も、エンジニアやCIOといったIT畑ではなく、CEOなど経営トップが多いようだ。SASのソフトウェアの優位性やテクノロジの独自性を直接アピールするのではなく、企業が直面する課題を明確にした上で、その解決手段としてSASのソフトウェアが役立ちます、ということを間接的にアピールする場といってよいだろう。

Vijay Govindarajan Vijay Govindarajan氏

 26日に組まれていたのは夜のレセプションのみなので、実質的な開催初日は27日。午前に3つのゼネラルセッションが開催されたが、うち2本はパネルディスカッション形式、しかも3つの講演全てでITの話題にはほとんど触れられなかった。

 「Turning Innovation into Realization」と題する基調講演が行なわれたが、これもITの話では全くなく、大まかに言ってしまえば「企業が自己改革を実現するために必要な発想の転換の仕方を教授する」という内容だった。講演したのは、ダートマス・カレッジのビジネススクール教授、Vijay Govindarajan氏(Strategy expert, International Business Professor and Director for the Tuck Center for Global Leadership, Dartmouth College)だ。

現状の改善からイノベーションは生まれない

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]