SAP、Sybaseの技術でモバイルエンタープライズ展開へ

末岡洋子

2010-11-01 15:36

 SAPが2010年5月に発表したSybaseの買収は、ここ数年のSAPの戦略を語る上で非常に重要な意味を持つ。業務アプリケーションでOracleなどと激しい競争を展開するSAPは、Sybaseの技術で「モバイルエンタープライズ」の実現を進めており、守りから攻めに転じる機会となるからだ。

 SAPが10月に米ラスベガスで開催した技術カンファレンス「SAP TechEd 2010」において、SAPモビリティ事業部で製品管理担当バイスプレジデントを勤めるThorsten Stephan氏に、Sybaseの技術で実現するモバイルエンタープライズを聞いた。

SAPのエンタープライズモバイル戦略

Thorsten Stephan Thorsten Stephan氏

 Sybase買収に至った経緯について、Stephan氏は次のように説明する。

 「Sybaseの買収前から、業界特化型のモバイルシナリオにフォーカスしてモバイル戦略を進めてはいた。しかし、スマートフォンなどの優れたユーザーエクスペリエンスを提供する端末が登場し、状況が変わった。これらの端末はCPU、メモリ、バッテリ持続時間なども改善している。同時に、3Gなど無線技術の普及も進んだ」

 端末側と無線インフラ側の両方が進化し、従業員がすでにスマートフォンを持っているという企業も多い。こうした新しい状況を活用するのが、SAPのモバイル戦略だ。

 「従業員を取り巻く環境がモバイルに対応するとメリットは大きい。たとえばサプライヤーがモバイル対応し、モバイルアプリを利用してデータのやりとりが可能になると、生産性が上がり、コストは下がる」

 ここでSybaseのモバイル技術を見てみよう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]