SAP、Sybaseの技術でモバイルエンタープライズ展開へ - (page 2)

末岡洋子

2010-11-01 15:36

 Sybaseはデータベースベンダーとして知られるが、いち早くモバイル技術にも着手していた。モバイル対応のためのプラットフォームとなる「Sybase Unwired Platform」(SUP)をはじめ、メッセージングネットワークの「Sybase 360」、デバイス管理「Sybase Afaria」などがある。

 Stephan氏はSAPの描くモバイルエンタープライズを大きく3つのステップで説明してくれた。

  1. 従業員のモバイル化
  2. サプライヤーのモバイル化
  3. エンドユーザー(コンシューマー)のモバイル化

 従業員とサプライヤーはSUPを利用することになるが、Stephan氏が何度も強調したのが「あらゆる端末をサポートする」「それぞれの端末に合わせた直感的ユーザーインターフェースの提供」の2点だ。「SAP Business Suiteなどバックエンドとの統合作業は対応端末機種に関係なく1度で済む」とも述べる。

 最後のコンシューマーは、SAPのCTO、Vishal Sikka氏に“SAPが打ち出す新しいエンタープライズ”について聞いた際、「BtoBtoC」としてキーワードに挙がった。

 その具体例となるのがモバイルクーポンだ。

 「現在のバーコードを印刷した紙から、個人情報とリンクしてカスタマイズしたモバイル経由でのクーポン提供は、利便性を大きく改善する」とStephan氏。企業は瞬時に顧客の利用に関するデータを収集、分析できるため、顧客と企業の両方に大きなメリットをもたらすという。

 このようなアプリケーションはモバイルなしには実現できないサービスであり、単に既存のアプリケーションをモバイル化することから、一歩進んだ活用例となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]