編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ファーストリテイリング、経営管理基盤にオラクル製品をグローバル導入

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-01 16:53

 日本オラクルは11月1日、オラクルの製品群がファーストリテイリングの経営管理の強化と国際会計基準(IFRS)の対応を見据えた経営管理基盤としてグローバル導入され、稼働を開始したと発表した。

 今回、導入されたのは、データベースマシン「Oracle Exadata Database Machine(Oracle Exadata)」、基幹業務アプリケーション「Oracle E-Business Suite」、ウェブベースの連結経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion Financial Management」、「Oracle Fusion Middleware」製品群の一部であるOracle SOA Suiteの主要コンポーネント「Oracle Service Bus」、同製品群のアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」、小売業向けアプリケーション「Oracle Retail」など。

 Oracle ExadataやOracle E-Business Suiteは、2月にファーストリテイリングが推進するグローバルグループ業務システムの統一プロジェクト「G1プロジェクト」の中核を担うグループ共通の経営管理基盤として採用された。新経営管理基盤は、9月に同社の国内および海外事業の経営管理の強化とIFRSへの対応を見据え、稼働を開始したという。

 今回のオラクル製品導入については、従来のOLTPやデータウェアハウス(DWH)などの処理特性が異なるデータベースの統合、システムおよび業務間のバッチ処理の低減、事業拡大に伴うシステムの拡張性などを要件として検討し、Oracle Exadataの性能が高く評価されたことが理由としている。

 また、新経営管理基盤には、会計業務や人事給与業務向けにOracle E-Business Suite R12、グループ経営管理強化と連結決算早期化向けにOracle Hyperion Financial Management、他システムとの連携基盤としてOracle Service BusやOracle WebLogic Serverを実装した。これらは、Oracle Exadata導入後、短期間での稼働に成功しているという。

 導入にあたっては、アクセンチュアがシステムインテグレーションサービスを提供。NTTコミュニケーションズが、システム基盤をサービスとして提供する仮想ホスティングサービス「Biz ホスティング エンタープライズ」を提供した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]