編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

試してみるべきKDEのツール10選

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-11-03 08:00

 わたしは、KDEの開発チームがバージョン4.5で実現した進歩に驚いている。このデスクトップ環境は、わたしが(最悪だった4.0から)予想していたものに比べ長足の進歩を遂げていただけではなく、どんなLinuxユーザーでも喜んで使えるものに様変わりしていた。KDE 4.5はGNOMEと同じくらい安定しており、応答性が高く、あらゆるデスクトップと同じくらい柔軟性がある。

 だが、デスクトップそのもの以上に、KDEは数多くの優れたツールを備えている。もしまだ試したことがないのなら、あなたは自分が何を見逃しているかを知らないのだ。この記事では、読者の興味を引くかも知れない、それらのツールをいくつか紹介することにしよう。これらのツールは分野も役割も様々で、幅広いタイプのユーザーが興味を持つはずだ。

1.KMail

 KMailは、MacからLinuxに移行しようとしており、Apple Mailが好きな(好きだった)ユーザーには重要だ。KMailの見た目はApple Mailに似ていて、機能も充実しており、扱いには困らないだろう。KMailの大きな欠点は、Exchangeサーバに接続するには、サーバ側でIMAPを有効にしている必要があることだ。KMailは、グループウェアスイートであるKontactの一部でもある。Kontactは他のグループウェア群と十分に対抗できるものだ。Exchangeとの統合の面が弱いが、Kolab、OpenXchange、GroupWiseなどの他のグループウェアサーバとは接続可能だ。

2.KRDC

 KRDCは、RDPとVNCの両方のサーバに接続可能な、強力なリモートデスクトップクライアントだ。KRDCはKDE 4.0のリリースに同梱されるにあたり、Google Summer of Code 2007で完全にオーバーホールされた。KRDCは、タブインターフェース、フルスクリーンモード、Windows版の移植、KDE Walletのサポート、新しい設定ウィザードを備えている。サーバへの接続は非常に簡単で、どんなレベルのユーザーでも扱えるはずだ。

3.Kexi

 KexiはLinuxユーザーがMicrosoft Accessで作成されたデータベースを、利用・再利用できるようにしてくれる。他にMySQLとPostgreSQLのデータベースも読むことができる。Kexiは、データベース、テーブル、データの作成を行うためのGUI、クエリの実行、パラメトリッククエリのサポートなど多くの機能を提供する、使いやすいGUIを持っている。Kexiではその強力なGUIから、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、スクリプトを作成することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]