編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本オラクル、専門性の高いパートナー向け新認定制度「Specialization」を本格導入

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-04 19:29

 日本オラクルは、2月に刷新したオラクルのパートナープログラム「Oracle PartnerNetwork Specialized」の中核となる新認定制度「Specialization」を11月4日より本格導入した。

 導入を開始したのは、「Oracle Database」「Oracle Database Performance Tuning」「Oracle Real Application Clusters」などのデータベース製品、基幹業務アプリケーション「Oracle E-Business Suite」、人材管理アプリケーション「PeopleSoft Enterprise Human Capital Management」、CRMアプリケーション「Siebel CRM」のSpecializationとなる。

 また、本格導入に先立ち、国内8社のパートナー企業が計11のSpecializationを取得したことを発表した。システムサポート、第一コンピュータリソース、NEC、富士通が「データベース関連製品分野」において。また、アクセンチュア、TIS、日立製作所、プライスウォーターハウスクーパースが「アプリケーション関連製品分野」で、それぞれSpecializationを取得したとしている。

 Specializationは、オラクルが全世界共通で導入するパートナー企業向けの認定制度。同制度は、「パートナー企業のオラクル製品を活用した専門性の強化や市場での認知向上」「ユーザー企業の課題解決に最適なパートナー企業とオラクルソリューションの選定」「オラクル製品を積極的に活用して事業に取り組むパートナー企業のプロモーションを支援」を目指したものだという。

 同制度では、オラクルの主力製品やインダストリーリューションを中心に約30種類の専門領域カテゴリを新設し、カテゴリ別の認定基準を設定。パートナー企業は、同制度の認定取得により、特定領域において自社の専門性を訴求することが可能だという。また、複数のSpecializationを取得したパートナー企業は、異なる認定を組み合わせることにより、幅広いオラクル製品を活用できる総合力を訴求できるとしている。

 日本オラクルでは、今後、サーバ、ストレージ、ミドルウェア、その他アプリケーション製品など、30種類以上の専門領域カテゴリでのSpecialization提供を予定しているという。また、パートナー企業の同制度認定取得を支援するため、プロモーション支援や技術者向けトレーニングなどのサポートをさらに強化する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]