編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、11月月例パッチを事前通知--IEのゼロデイ脆弱性への対処は発表されず

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一

2010-11-05 11:59

 Microsoftは米国時間11月9日にリリースする月例パッチで、「Microsoft Office」やバーチャルプライベートネットワーク(VPN)のソフトウェア「Microsoft Forefront Unified Access Gateway」などに影響する10件の脆弱性に対処するという。

 Microsoftはブログ「Microsoft Security Response Center」の4日の記事で、3つに分類したセキュリティ情報の1件が深刻度「緊急」、残りの2件が「重要」であることを明らかにした。

 セキュリティ情報の事前通知によると、影響を受けるソフトウェアはMicrosoft Forefront Unified Access Gatewayのほか、「Office XP Service Pack 3」「Office 2003 Service Pack 3」「Office 2007 Service Pack 2」「Office for Mac 2011」、32ビット版と64ビット版の「Office 2010」だという。

 一方でMicrosoftは、3日に明らかになった標的型攻撃に利用された、「Internet Explorer 6」「Internet Explorer 7」「Internet Explorer 8」のゼロデイ脆弱性については、修正パッチの予定に言及していない。実際に行われた攻撃は、組織内の特定の従業員に電子メールを送り、IE 6やIE 7を標的とするエクスプロイトコードが隠されたウェブサイトに誘い出すというものだ。脆弱なシステムにバックドアを仕掛けることを狙った攻撃で、これにより攻撃者にコンピュータを制御されるおそれがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]