編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MPT、PCoIP対応のVMware専用シンクライアント「Wyse P20」を発売

ZDNet Japan Staff

2010-11-09 15:03

 エム・ピー・テクノロジーズ(MPT)は11月9日、米Wyse TechnologyがVMwareと協力して開発した、VMware専用のシンクライアント端末「Wyse P20」の国内販売を開始した。

「Wyse P20」 「Wyse P20」

 Wyse P20は、「VMware View」をサポートし、3次元グラフィックスなどの画像処理にも対応する「PCoIPプロトコル」に対応したクライアント端末。PCoIP(PC over IP)は、高性能PCやワークステーションが必要とされるハイエンドユーザー向けアプリケーション環境に対して、デスクトップ仮想化のメリットを提供する新たな画面転送プロトコル。このプロトコルの採用により、CAD/CAM、3D立体モデリング、ビデオ編集、リッチメディアなど、ハイエンドなアプリケーションをVMware製品とWyse P20で構築される仮想デスクトップ環境で利用できるという。

 Wyse P20は端末に埋め込まれたファームウェアにより、VMware View 4.xまたは他のPCoIPホストに接続できる。一般的なローカルOSを必要としないため展開が容易で、ローカルでのウィルス対策も必要がないため、管理の手間も最小に抑えられるとする。

 外部接続端子としては、USBポート×4、シングルリンクDVI-Iコネクタ×2を備え、最大1920×1200のデュアルディスプレイをサポートする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]