編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

iPadにはビジネス需要がある--SAPのCIO、コンシューマライゼーションに挑む

末岡洋子

2010-11-11 12:27

 独SAPの最高情報責任者(CIO)、Oliver Bussmann氏は最新技術好きで知られている。iPadを手放さず、Twitterで毎日つぶやいている(@sapcio)。

 米IBMと独金融大手Allianzの情報システム部門に所属した経験を持つBussmann氏は、2009年にCIOとしてSAPに入社した。この1年の間にCIOとして行ったこと、エンタープライズITとコンシューマライゼーションについて話を聞いた。なお、このインタビューはグループインタビュー形式を取っている。

CIO着任後の3つの意志決定

--2009年にSAPのCIOに就任しましたが、現在の役割は?

 SAP社内のあらゆるシステムを統括しています。通常の企業と同じで、ERPや業務アプリケーションをサポートしていますが、開発向けのインフラも管轄内です。面白い役割としては、我々の経験を社内外に広める“SAP大使”という任務も持っています。

--入社してからこれまで、どのような施策を打ってきたのですか?

Oliver Bussmann Oliver Bussmann氏

 入社後すぐに新しいIT戦略計画を打ち出すにあたり、機能していることと、していないことを評価し、会社の方向性に照らし合わせて戦略を立てました。

 ここで、いくつかの意思決定をしています。

 1つ目は、IT部門と開発部門との連携を密にすることです。IT部門では、SAPの最新技術を積極的に活用するようにしました。現在、ほとんどの新製品の最初の顧客はSAP自身なのです。これには開発面でもメリットがあります。SAPのIT部門は1500人体制で、グローバルで7万以上のユーザーをサポートしており、事業規模は金額にして110億ユーロ(約1兆2500億円)です。拡張性はもちろん、さまざまな面で自社製品をテストして結果を得ています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]