編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ライトウェル、IBMのクラウド管理ソフト「Service Delivery Manager」を採用

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-10 20:04

 日本IBMは11月10日、ライトウェルがプライベートクラウド環境の構築にあたり、クラウド管理のための基本的なソフトウェアをパッケージ化した「IBM Service Delivery Manager V7.2.1」を採用したと発表した。

 ライトウェルでは、「経営環境の変化への即応とIT投資の最適化」を目的に、社内システムと複数のSIプロジェクト開発環境を、今回構築するプライベートクラウド環境に集約し、12月より順次利用を開始する予定。また今後、社内で運用しながら検証とノウハウの蓄積を行い、将来的には、プライベートクラウドのシステム設計、構築、運用設計サービスをユーザーに提供するとしている。

 今回採用されたIBM Service Delivery Manager V7.2.1は、ユーザーの需要を予想し、設備やサービスなどのリソースを計画的に調達、ユーザーの必要に応じたサービスを提供できるように備える「プロビジョニングの自動化」や「課金に利用するデータ管理」「サーバの電力監視」といった、基本的なクラウド管理に必要なソフトウェアをパッケージ化した製品。社内にある既存環境を利用し、従来と比較して半分の構築期間で、迅速にプライベートクラウド環境を構築できるという。

 また、個別のユーザー要件に合わせて、Unixサーバやx86サーバなどの複数プラットフォームを柔軟に組み合わせ、ハードウェアの機能や能力を一元管理できる「リソースプール」を設計、管理することも可能だという。なお、IBM Service Delivery Manager V7.2.1の国内での導入は、ライトウェルが初めてという。

 今回のクラウド環境の構成では、幅広いアプリケーションに対応できるよう、Unix環境、Linux環境およびWindows環境を提供するという。サーバには汎用プロセッサ「POWER7」を搭載した「IBM Power740 Express」およびコストパフォーマンスとエネルギー効率の高いx86ブレードサーバ「IBM BladeCenter HS22」が採用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]