編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Win7でIE6を動かす--シマンテック、同社仮想化技術のメリットを強調 - (page 2)

田中好伸(編集部)

2010-11-15 14:56

 そうした、レガシーとも呼べるウェブアプリケーションをIE7やIE8に対応するよう移植できればいいが、そこにはコストがかかると同時に手間もかかることになる。IE6で作られたウェブアプリケーションをおいそれとアップグレードできない状況だ。

 Windows 7を提供するマイクロソフトもそうした状況があることを理解しているからこそ、解決策として「Windows XPモード」を搭載している。XPモードは、「Virtual PC」技術をベースにした仮想OSであり、Windows 7でXPアプリケーションを実行するための仕組みだ。

 しかし、XPモードでIE6を使う場合には、XP仮想マシン全体をメモリにロードする必要がある。これは起動に時間がかかり、必要なシステムリソースが大きくなり、現実的な解決としては受け入れにくいものだと見られている。

 ?氏は、こうした現状への解決策としてWorkspace StreamingやWorkspace Virtualizationを挙げる。これらを活用すれば、Windows 7上でIE6とIE8を同時に実行できるからだ。最近になって「下がったといっても、IEのシェアは4月時点で65.69%もある」(?氏)。Windows 7に移行したくてもできないという企業は、こうした点からもアプリケーションの管理というコストを支払うことになる。?氏は、そうした課題に対して、シマンテックのアプリケーション仮想化がメリットをもたらすと強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]