編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

業界4社、「新世代M2Mコンソーシアム」を設立

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-15 20:30

 東京エレクトロン デバイス(TED)、日本オラクル、マクニカ、NECの4社は11月15日、「新世代M2Mコンソーシアム」を設立したと発表した。理事会の会長には、東京大学先端科学技術研究センター教授の森川博之氏が就任する。

 新世代M2Mコンソーシアムは、M2M(Machine to Machine)分野での通信とITを用いた技術やサービスの発展により、便利で安全なM2Mネットワーク社会を実現することを目的に設立されたという。今後は、技術とサービスの両面から企業、大学、個人が連携、協業できるオープンな場を設け、活発な議論と相互サポートを通じて、利用者にとってメリットのある、新たなM2Mサービスの創造を目指すとする。

 同コンソーシアムは、方針および活動計画を立案、運営する「理事会」とコンソーシアムの実活動を行う「ワーキンググループ」より構成される。主な活動内容としては、参加企業およびメンバーのM2Mに関する情報交換を始めとして、コンソーシアムでの関連省庁へのM2Mの提案および実証実験等への参画、M2Mサービス実現のための機器の接続方式とデータ形式等々のインターフェースに関する整合と統一に向けた活動を行うとしている。また、合わせてM2Mに関する産学協同に向けた活動やコンソーシアムでの各種展示会、セミナー等への参画による市場活性化、各種の産業または環境でのM2Mに関する課題の解決に向けた活動も行っていく。

 また、設立発起各社の役割および目的として、TEDは、各会員企業と共に「エナジー・ハーベスト」を応用した環境、省エネ、安心・安全の各事業推進とM2Mサービスに必要なセンサネットワークソリューションのプラットフォームを提供する。日本オラクルは、ネットワークと機械が連携した安全かつ確実な情報の流通、活用を実現するプラットフォームを提供する。マクニカは、M2Mサービスの基盤となるテクノロジを提供。そしてNECは、M2Mで実現できるサービスを各会員企業と共に創造し、新たなM2Mサービスに必要なプラットフォームとサービスソリューションを提供するとしている。

 11月15日の時点で、参加を表明している企業数は22社。今後、同コンソーシアムでは、広くM2Mの適用領域を議論しながら、市場への展開を迅速に実施できるように、様々な業種や業界を対象に参画を呼びかけていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]