編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アマゾン、「EC2」サービスにGPUインスタンスを追加

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-11-16 11:51

 AmazonのリードWebサービスエバンジェリストであるJeff Barr氏は、米国時間11月15日のブログ記事で、「Amazon Web Services」の「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」に新しいインスタンスタイプ「Cluster GPU Instance」を追加したと発表した。EC2では、さまざまなオンラインコンピューティングリソースを従量制で利用できる。新しいサーバは、2基のクアッドコア「Intel Xeon Processor X5570」、2基のNVIDIA製「Tesla M2050」GPU、22Gバイトのメモリ、1.7テラバイトのストレージを搭載し、10Gbpsのイーサネット接続に対応するという。

 GPUは、当初はグラフィック処理を高速化するための専用チップだったが、最近はそのパフォーマンスの劇的な向上により、グラフィック処理以外、特に、ビデオのリサイズや音声の圧縮などメディアデータの処理に加えて、並列処理に用いられている。実際、Tesla M2050は1基あたり448個のプロセシングコアを備え、並列処理に向いている。

 この新しいインスタンスは現在、Linuxのみで動作し、バージニア州の北部地域で利用できる。料金はEC2サービスのなかで最も高価で、1時間あたり2.10ドルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]