編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

マイクロソフト、UC基盤製品群「Microsoft Lync 日本語版」を発表

ZDNet Japan Staff

2010-11-18 16:51

 マイクロソフトは11月18日、企業向けユニファイドコミュニケーションプラットフォーム「Microsoft Lync 日本語版」を発表した。

 Lyncは、自社設置型のサーバ製品「Microsoft Lync Server 2010」、クライアント製品の「Microsoft Lync 2010」および、クラウド版の「Microsoft Lync Online」、ブラウザ上で動作する「Microsoft Lync Web App」から構成される。自社設置型製品については法人、企業向けに12月1日より提供が開始される。クラウド版は、「Office 365」の一部として2011年に提供を開始する予定。

 Lyncは従来「 Microsoft Communications Server」「Microsoft Communications Online」および「Microsoft Communicator」として提供されてきたコミュニケーションプラットフォーム製品群の最新版となる。相手のプレゼンス状況を確認しながら、インスタントメッセンジャー(IM)から電話やオンライン会議などに簡単にコミュニケーション手段を切り替えるなど、これまで複数のツールを使って行っていた様々なコミュニケーションを、一元的かつシームレスに行えるようにするという。

 また、「Microsoft Office」「Microsoft SharePoint Server」「Microsoft Exchange Server」などと連携して利用でき、中長期的なシステム運用コストの低減と生産性向上を図れるという。

 日本市場向けには、三信電気、GNネットコムジャパン、デル、日本ビジネスシステムズ、日本プラントロニクス、日本ユニシス、Network Equipment Technologies、日立ソリューションズ、富士通マーケティング、ポリコムジャパンの10社のパートナー企業から、Lyncに対応したデバイスや、Lyncプラットフォーム上で稼働するアプリケーションが提供される予定。製品の提供に先駆け、同日よりマイクロソフトのLync製品サイトで無償試用版のダウンロード提供を開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]