編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NTTデータ、社内の電子入札システムをWindows Azure Platformへ移行

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-22 19:01

 NTTデータは、社内システムをマイクロソフトの「Windows Azure Platform」上へ移行する。

 NTTデータのグループ会社、NTTデータ イントラマートのシステム構築基盤「intra-mart」で構築された電子入札システムを、2010年度末を目途にWindows Azureへ移行させる。NTTデータとマイクロソフトが11月22日に発表した。

 マイクロソフトは、同社エンタープライズサービス部門のマイクロソフトコンサルティングサービスがWindows Azure移行ノウハウなどを提供することで、NTTデータのintra-martフレームワーク上に構築された社内システム移行を支援していく。NTTデータは、Windows Azureへの移行により、Javaベースの電子入札システムをハイブリッドクラウド環境で利用することが可能になるとしている。

 NTTデータは今後、同社MS開発部の.NET技術者約100名を中心にWindows Azureに関する提案体制を強化するが、マイクロソフトもこれを支援していく考えだ。また、NTTデータは今回の移行で得るノウハウを活用し、同社のクラウドサービス「BizXaaS」のビジネスを拡大させる意向。BizXaaSで提供する「マイグレーションサービス」の移行先の選択肢として、新たにWindows Azure Platformを加える。

 NTTデータによるWindows Azure Platformへのマイグレーションサービスは2010年12月に提供を開始する予定。マイクロソフトでは、今後もNTTデータとの連携を通して企業のクラウドサービスへの幅広い需要に対応していききたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]