編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

日本テラデータ、DWH用DB最新版と新サーバ4機種を発表

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-30 17:40

 日本テラデータは11月30日、エンタープライズデータウェアハウス(DWH)製品の最新版「Teradata 13.10」およびDWH用のサーバ新機種を発表した。12月1日に販売を開始する。

 Teradata 13.10 は、中核となるデータベースエンジン「Teradata Database 13.10 」と運用管理を支援する「Teradata Tools and Utilities 13.10」などのソフトウェア、構築支援やコンサルティング、サポートサービスで構成される。最新バージョンでは、データの変更履歴を自動的に保持する「テンポラル機能」や、効率のよい「データ圧縮機能」などを新たに追加したという。

 テンポラル機能は、データの履歴の変化を自動的に収集し、時間軸に沿って追跡可能にするため、長期にわたって変化する取引や活動の経緯を容易に把握できる。データ圧縮機能は、増大するデータを効率的に格納し、大容量データに対する分析コストを低く抑えることができるという。

 また、Teradata 13.10ではこれらの新機能に加え、クエリパフォーマンスを向上させる文字ベースの「パーティション・プライマリー・インデックス(PPI)機能」で、従来の数値型データに加えて文字データでもパーティションの作成ができるようになった。さらに、「地理空間関数機能」の強化による地理情報処理パフォーマンスの向上、ワークロード定義数の増加による「ワークロード管理機能」の改良などが行われている。

刷新されたDWHサーバ4機種

 一方、今回リリースするDWH用サーバは、超並列処理(MPP)サーバの最上位機種「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 5650」、入門用アプライアンスの「Teradata Data Warehouse Appliance 2650」、超大容量データ分析用アプライアンスの「Teradata Extreme Data Appliance 1650」、部門データマートやテスト、開発向けの「Teradata Data Mart Appliance 560」の4機種。すべての機種に6つのコアを備えた最新の「インテルXeonプロセッサ」を2基搭載する。

 フラッグシップモデルのTeradata Active Enterprise Data Warehouse 5650は、前モデル「5600」に比べてパフォーマンスが43%向上したという。設置面積は前モデルと同等なため、パフォーマンスを基準にした消費電力と設置要件を低減できるとしている。

 エントリレベル向けのTeradata Data Warehouse Appliance 2650は、今回のリリースでシリーズ4世代目となる。キャビネット単位の比較で前モデルのTeradata Data Warehouse Appliance 2580と比べて3倍以上のパフォーマンス向上を実現。同シリーズで初めて2.5インチディスクドライブを搭載。キャビネット内の集積度を高め、ユーザー領域や並列性、パフォーマンスを向上した。最大343テラバイトのユーザー領域を持つシステムが構成できるという。

 Teradata Extreme Data Appliance 1650は、非圧縮データで186ペタバイトのユーザー領域をサポートし、大規模なデータの分析用に設計されている。長期間の履歴データや明細データの分析、法令順守のためのアーカイブデータの分析など、深堀のためのDWH環境を提供するという。Teradata Data Mart Appliance 560は、部門用あるいはエントリー用のDWH向けSMPシステム。非圧縮データで2テラバイトから11.7テラバイトまでのユーザー領域をサポートする。今回新たにシステム管理用サーバを搭載し、システム全体を一元的に運用・管理することが可能になった。

 Teradata 13.10のTeradataデータマート・エディションでのコアライセンス価格は359万円から。テンポラル機能オプションは、コアライセンス価格で41万円となる。出荷開始は12月20日。

 サーバ新機種については、12月下旬に販売が開始される予定のTeradata Extreme Data Appliance 1650を除いて、12月1日に販売と出荷が開始される。Teradata Active Enterprise Data Warehouse 5650の価格は、最小構成の5650Cモデル1ノード構成で1億900万円から。Teradata Data Warehouse Appliance 2650の価格は、最小構成の3ノードで5300万円から。Teradata Extreme Data Appliance 1650の価格は未定。Teradata Data Mart Appliance 560の価格は2350万円から。価格はいずれも税別。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]