編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows Sysinternalsの必携ツール10選

文:Derek C. Schauland(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-12-10 08:00

#1:PsListとPsKill  現在Microsoft Technet上で提供されているWindows Sysinternalsというツール群の歴史は古く、2006年まではWinternal Softwareという会社が運営するSysinternalsというウェブサイト上で提供されていた(Winternal Softwareは2006年にMicrosoftによって買収されている)。Sysinternalsには、Windows向けの便利なツールが数多く含まれており、その中にはWindowsに標準搭載されているツールよりも使い勝手に優れているものもある。なお、これらのツールは個別に入手することも可能であるが、一括でダウンロードするのが最も手軽だろう。本フォトレポートでは、こういったツールの中から筆者が特に気に入っているもの(あるいは最もよく使用しているもの)を10個選んで紹介している。  PsListとPsKillをまとめて紹介している理由は、たいていの場合、この2つのツールをこの順序で使うことになるためだ。具体的には、PsListを用いて実行中のプロセスを表示し、終了させたいプロセスのIDを見つけた後、PsKillにてそのIDを指定して該当プロセスを終了させることになる。  画像を見てもらえれば分かるように、PsListでは表示する情報をいろいろと指定できるようになっており、嬉しいことにローカルマシンとリモートマシンのいずれでも使用可能となっている。PsKillもPsListと同様、リモートマシンのプロセスに対しても使用することができる(違いは、PsKillではプロセスIDを指定して該当プロセスを終了させるという点だ)。
#1:PsListとPsKill

 現在Microsoft Technet上で提供されているWindows Sysinternalsというツール群の歴史は古く、2006年まではWinternal Softwareという会社が運営するSysinternalsというウェブサイト上で提供されていた(Winternal Softwareは2006年にMicrosoftによって買収されている)。Sysinternalsには、Windows向けの便利なツールが数多く含まれており、その中にはWindowsに標準搭載されているツールよりも使い勝手に優れているものもある。なお、これらのツールは個別に入手することも可能であるが、一括でダウンロードするのが最も手軽だろう。本フォトレポートでは、こういったツールの中から筆者が特に気に入っているもの(あるいは最もよく使用しているもの)を10個選んで紹介している。

 PsListとPsKillをまとめて紹介している理由は、たいていの場合、この2つのツールをこの順序で使うことになるためだ。具体的には、PsListを用いて実行中のプロセスを表示し、終了させたいプロセスのIDを見つけた後、PsKillにてそのIDを指定して該当プロセスを終了させることになる。

 画像を見てもらえれば分かるように、PsListでは表示する情報をいろいろと指定できるようになっており、嬉しいことにローカルマシンとリモートマシンのいずれでも使用可能となっている。PsKillもPsListと同様、リモートマシンのプロセスに対しても使用することができる(違いは、PsKillではプロセスIDを指定して該当プロセスを終了させるという点だ)。

#1:PsListとPsKill

 現在Microsoft Technet上で提供されているWindows Sysinternalsというツール群の歴史は古く、2006年まではWinternal Softwareという会社が運営するSysinternalsというウェブサイト上で提供されていた(Winternal Softwareは2006年にMicrosoftによって買収されている)。Sysinternalsには、Windows向けの便利なツールが数多く含まれており、その中にはWindowsに標準搭載されているツールよりも使い勝手に優れているものもある。なお、これらのツールは個別に入手することも可能であるが、一括でダウンロードするのが最も手軽だろう。本フォトレポートでは、こういったツールの中から筆者が特に気に入っているもの(あるいは最もよく使用しているもの)を10個選んで紹介している。

 PsListとPsKillをまとめて紹介している理由は、たいていの場合、この2つのツールをこの順序で使うことになるためだ。具体的には、PsListを用いて実行中のプロセスを表示し、終了させたいプロセスのIDを見つけた後、PsKillにてそのIDを指定して該当プロセスを終了させることになる。

 画像を見てもらえれば分かるように、PsListでは表示する情報をいろいろと指定できるようになっており、嬉しいことにローカルマシンとリモートマシンのいずれでも使用可能となっている。PsKillもPsListと同様、リモートマシンのプロセスに対しても使用することができる(違いは、PsKillではプロセスIDを指定して該当プロセスを終了させるという点だ)。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]