編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Linuxに関する10の誤解--コマンドラインが必須、難しくて使いにくいは本当か - (page 3)

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-12-15 08:00

8.Linuxにはアプリケーションが少ない

 Linuxで「ソフトウェアの追加・削除」ユーティリティを開いたことがあるだろうか。Linuxには、すばらしいアプリケーションが山のようにあり、しかもすべて1カ所で入手できる。アプリケーションを探して、ウェブを検索する必要はない。前述のツールを立ち上げて、見て回ればいいだけだ。わたしの手元にあるUbuntu 10.04のSynapitic(Linuxのソフトウェアの追加・削除用ツールの1つ)を見てみると、追加できるアプリケーションは3万486本ある。そのすべてが無料だ。使う価値のあるものが半分しかないとしても、1万5000本以上のアプリケーションがあるわけだ。しかも、すべて1カ所に集まっている。

9.Windowsは世界で他のどのOSよりもPCで使われている

 これについては、「証明してみろ」と言おう。確かに、(ある程度のパーセンテージの範囲で)さまざまなWindowsシステムがいくつあるかを証明することはできる。Microsoftの記録を見て、何本販売されたかをチェックすればいいのだ。Linuxについては、これは簡単ではない。わたしの個人的な使い方だけを見ても、わたしはUbuntu 10.04のISOイメージを1回ダウンロードし、それを多くのマシンにインストールしている。そしてこれは典型的なやり方だ。Linuxの配布方法では、世界中にいくつのLinuxがあるかを知ることはできない。アジアと欧州ではLinuxが大量に展開されるようになっており、それも大体2005年あたりからのことだ。

10.Linuxにはハードウェアサポートがない

 何年も前なら、これは本当だった。新しいビデオカードやサウンドカード、新しいプリンタやマウス、スキャナといったものが欲しければ、下調べをする必要があった。ただ店に行って新しいおもちゃを買い込み、繋ぎさえすれば動くということはなかった。幸い、そういう時代はほぼ終わったと言っていいだろう。一部の分野ではまだ問題があるかもしれない。しかし、それらの分野で問題の中心になっているのは必ず、ハードウェアの仕様を公開しようとしない企業だ。そして、そういった企業は少なくなってきている。例えば、NVIDIAは、素晴らしいLinuxサポートを提供している。専用ドライバの助けを借りることで、無線の問題さえ過去のものになりつつある。ただし、まだ完璧ではない。依然として、サポートが怪しいハードウェアは存在する。しかし、このトレンドが続けば、LinuxはすぐにWindowsと同じくらい広いサポートを受けられるようになるだろう。

俗説か、真実か

 悪いうわさはだんだん収まりつつあり、Linuxは少しずつ勢いをつけてきている。この12年間で、サポートだけでなく、Linuxに対する見方、そしてオープンソース全体に対する見方に大きな変化が起こっている。読者はどう思われるだろうか。これらの問題は単なる俗説だろうか、それとも本物だと思うだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]