編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

グーグルが教えてくれる「イノベーション」と「インベンション」の関係

飯田哲夫(電通国際情報サービス)

2010-12-21 08:00

 IBMのCEOのSam Palmisano氏によれば、「Innovation(イノベーション)」とは「Invention(発明)」と「Insight(洞察)」の交わるところで生じるものであると言う。つまり、まずInventionがあり、そこに適用方法に関するInsightがあって、それはInnovationに至るという訳だ。つまり、Inventionが常にInnovationに先行する。

 しかし、Google Labsの「Books Ngram Viewer」によると、必ずしもそうではないようだ。Books Ngram Viewerは過去から現在に至る書籍に登場した用語を集積し、キーワードを入力すると、その登場頻度が折れ線グラフとなって表示される。それは、指定されたキーワードの重要度を時系列に表現するものとなる。さて、そこにInnovationとInventionを入力して表示させてみると、こんな感じになる。

図1 ※クリックすると拡大画像が見られます

 すると面白いことが判る。20世紀頭から現在までを追いかけると、InnovationとInventionが対称的な動きをしていることが見て取れる。つまり、Innovation(青のライン)が増えるに伴い、Invention(赤のライン)が減り、Innovationが減るとInventionが増える。しかも、1970年頃を境としてInnovationはInventionから主役の座を奪い取り、21世紀初頭に最盛期を迎える。ところが、その後Innovationの衰退とともにInventionが復活の兆しを見せる。

 Palmisano氏の定義に基づけば、InnovationとInventionは、このような対称的な動きを見せるものではない。InventionがあってのInnovationである以上、Inventionが減ればInnovationもそれを追いかけて減ってゆくはずで、Inventionが増えればInnovationも増えるはずだ。つまり、本来であれば、InnovationとInventionのグラフは対称的というより、少しずれた相似形であるべきなのだ。

 ところが、このグラフの時間軸を一気に1700年代まで遡らせると様相が変わってくる。

図2 ※クリックすると拡大画像が見られます

 こちらのグラフを見ると、Invention(赤いライン)は産業革命が始まって間もない1770年頃にピークを迎え、そこから18世紀を通して緩やかな下降線を辿る。一方のInnovation(青いライン)は、Inventionと比べると遥かに控えめながら、それを追うようにして1790年頃に最初のピークを迎え、以降20世紀中盤まで緩やかに下降する。こちらの方がPalmisano氏の言葉とイメージが合う。つまり、まずInventionがあり、それにInsightが加わったInnovationが続くのである。

 こうしたInventionにInnovationが連動する動きは、1940年頃を境に消失し、むしろ、それらは先に述べたように対称的な動きへと変わってゆく。1940年以降の動きは、基礎研究を軽視してInnovationを重視する姿勢を反映するものと解釈できる。そして、2000年を超えた頃から、そのツケが回ってきたということかもしれない。今もInnovationはビジネスでは最も多用されるキーワードのひとつであるが、Innovationは、InventionとInsightがあってこそ成り立つものであることは忘れてはならないだろう。

 ただし、この考察はあくまで書籍に登場するキーワードの頻度が、社会における、その重要度を表すとの前提に立っており、実際にどのくらいの投資がInnovationあるいはInventionに対して投じられたかは、ここでは考慮していない。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]