編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日立電サ、SaaS型サーバ向けバックアップサービスを機能強化

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-20 16:57

 日立電子サービス(日立電サ)は、日々の業務データを自動的にバックアップするSaaS型オンラインバックアップ「安心バックアップサービス」に関して、機能強化を発表した。

 日立電サでは、2009年9月よりファイルサーバ向け安心バックアップサービスを販売しているが、今回、その機能強化版となる「サーバ向け安心バックアップサービス」の提供を開始した。同サービスでは、簡単な操作でバックアップ、復元ができることに加え、東日本、西日本の2つのデータセンターでバックアップデータを保管するため、災害を想定したBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画対策)としても有効だという。機能強化版では、Windows Server 2003に加え、Windows Server 2008にも対応。また、Microsoft SQL Serverのデータファイルのバックアップ、復元に対応している。

 同社では、この機能強化に合わせて、安心バックアップサービスの販売施策も強化する。クライアントPC向けサービスについて、法人向けECサイト「でんさe-Market」での販売を開始したほか、サーバ版については、パッケージベンダーとのアライアンスにより、パッケージソフトにおける業務データの遠隔二次保管用ツールとして、組み合わせ販売を推進する。まずは、パッケージベンダーであるソフト・ボランチの次世代賃貸管理システム「PMVolante」と連携して販売を行うとしている。

 サーバ版安心バックアップサービスの費用は月額制。バックアップ対象となるデータの最大容量により、10Gバイトから100Gバイトまでの4つのコースが設定されており、詳細は要問い合わせ。日立電サは、SaaS型安心バックアップサービスについて、2012年3月末までに顧客数2500社、受注額4億円を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]