WikiLeaks事件をどう考えるか--世界の読者に一斉調査 - 5/5

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-12-28 08:00

 ZDNet UKは英国時間12月14日より、48時間にわたって読者調査を実施した。これに併せて世界各国のZDNetサイトでも同様の調査が行われ、世界のZDNet読者から合計で1万1329件の回答を得た。  英国では、4分の3の読者がWikiLeaksによる機密文書の公開を支持しており、公開された文書は有益だと答えている。WikiLeaksは現在、膨大な数の米国外交公電を公開しているところで、10月にはイラク戦争に関連する文書を公開した。  機密文書の公開を支持する米国のZDNet読者は半数程度で、59%が公開文書を有益だとしている。  欧州、中国、オーストラリアのZDNet読者の間では、WikiLeaksの機密文書公開を支持する声が圧倒的に強い。ドイツでは88%の読者が公開を支持した。フランスで同様の回答をした読者は77%だった。両国では公開された文書を有益だと感じている読者の割合が高い。また中国では、73%の読者がリークされた文書を公開したWikiLeaksの判断は正しかったと考えている。オーストラリアでも、84%の読者が同じ回答をした。
 ZDNet UKの調査によると、ほとんどの組織はWikiLeaksサイト上での機密文書公開を受けてセキュリティ戦略を再考する計画はないという。米国政府は2010年夏の文書公開以来、セキュリティの大幅な見直しを行っている。英国政府もセキュリティ手順の確認を実施している。

 ZDNet UKの調査では、自分の所属組織がWikiLeaksの活動を受けてセキュリティを見直していると述べた回答者は少数派(わずか19%弱)だった。米国で同じ回答をした読者の割合は40%である。一方、日本では回答者の4分の1が、自分の所属組織はWikiLeaksによる情報リークを受けて情報セキュリティに懸念を抱いているとした。

 ZDNet UKの調査によると、ほとんどの組織はWikiLeaksサイト上での機密文書公開を受けてセキュリティ戦略を再考する計画はないという。米国政府は2010年夏の文書公開以来、セキュリティの大幅な見直しを行っている。英国政府もセキュリティ手順の確認を実施している。

 ZDNet UKの調査では、自分の所属組織がWikiLeaksの活動を受けてセキュリティを見直していると述べた回答者は少数派(わずか19%弱)だった。米国で同じ回答をした読者の割合は40%である。一方、日本では回答者の4分の1が、自分の所属組織はWikiLeaksによる情報リークを受けて情報セキュリティに懸念を抱いているとした。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]