編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

国内DWH用DBMSアプライアンス市場、オラクル好調で23%の拡大--ITR調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-21 20:08

 アイ・ティ・アール(ITR)は12月21日、データウェアハウス(DWH)用データベース管理システム(DBMS)市場の2009年度の市場規模、および同市場におけるアプライアンス市場のベンダーシェアを発表した。

 同調査では、2009年度の国内DWH用DBMS市場をパッケージソフトウェア市場およびアプライアンス市場に分類したという。それぞれの市場規模を見ると、パッケージソフトウェア市場は前年からほぼ横ばいの18億5000万円となったのに対して、アプライアンス市場は同23.1%増の73億5000万円と拡大した。市場全体のなかでの比率もほぼ2対8となり、アプライアンスでのDWH用DBMS製品が好調な勢いを見せているとITRでは説明している。

 さらに、2009年度の国内DWH用DBMSアプライアンス市場のベンダーシェアを見ると、テラデータおよびネティーザの専業ベンダーが前年と同様に上位のポジションを堅持したが、後発で参入したオラクル、マイクロソフト、IBMの主要なRDBMSベンダーが3位から5位につけた。なかでもオラクルは10.9%のシェアを獲得し、2位のネティーザに肉迫しているとITRでは指摘している。

国内DWH用DBMSアプライアンス市場ベンダーシェア 国内DWH用DBMSアプライアンス市場ベンダーシェア(出典:ITR Market View:DBMS/BI市場2010、3月期ベースで換算)

 ITRのシニアアナリストである生熊清司氏は、「オラクルのアプライアンス市場参入によって、市場全体が比較的大きな伸びを維持した。DWH用DBMSの採用は、従来は流通業や金融業が中心だったが、厳しい経済環境下での効率的な販売戦略を実施するために、他の産業でも採用が拡大している。また、Greenplum買収によるEMCの積極的な展開、マイクロソフトのSQL Serverの新しいエディションのリリース、そしてSAPのDWHを含むアプライアンス市場への参入の発表を受け、2011年に向けてDWH用DBMSアプライアンス市場はさらなる拡大と競争の激化が予想される。今後の方向性としては、オラクルやSAPなどのアプライアンス製品は、DWHとOLTPの両方を対象としていることから、DWHのみならず、あらゆるDB用途に採用が拡大することが考えられる」とコメントしている。

 ITRでは、国内のデータベース管理システム(DBMS)、ビジネスインテリジェンス(BI)、および経営パフォーマンス管理製品を対象に国内45ベンダーを調査した結果に基づく市場規模および動向分析を「ITR Market View:DBMS/BI市場2010」としてまとめている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]